CoaXPress対応インターフェースを用いて高いノイズ耐性を実現 !
用途に合わせて選べる
7機種を取り揃えています。(モノクロモデル・カラーモデル含め)

開発の経緯

興和カメラのルーツは、戦時中に当社と取引関係があった豊川海軍工廠出身の技術者によるもので、当時の社名は「興和光器製作所」でした。
産み出される製品群は日本初、世界初という独創的でユニークな機構を持つものが多く注目を集めました。
興和のカメラは1954年(昭和29年)の「カロフレックス」から始まり、1978年(昭和53年)に販売を終了した「コーワスーパー66」までの24年間、一貫して愛知県蒲郡市の自社工場にて生産されました。
多くのカメラ生産の実績のある興和光学ですが、1968年に監視用途でのレンズを販売、1981年には産業用レンズの受注生産を行うなど、現在でも国内外でFA/MVレンズの販売展開をしています。
また、並行して、放送機器や業務用映像機器の製造販売を行うなど、映像信号の伝送技術にも磨きをかけてきました。

FA/MVカメラ開発までの歩み

このように光学分野で多くの実績のある興和光学が、お客様の様々な要求に応えるべく、光学精度、インターフェース仕様など機能的な問題などをクリアし、さらに重量やサイズ、形状などの外形的な問題をも考慮して新たにマシンビジョンカメラを開発しました。
マシンビジョンの重要性が増す中、お客様の細かい要求に応えられるカメラを、我々の技術を結集し送り届けることができると確信しています。

特長特長

特長

CoaxPress

CoaXPress対応の高速画像転送

CoaXPress規格は、従来のアナログカメラと同様に同軸ケーブル1本で電源と最大6.25Gbpsの高速デジタル伝送が可能な新しいデジタルI/Fです。CL、1394、USBでネックとなっていたケーブル長を延長可能で、CLを凌駕する広帯域に対応しています。

豊富なレンズラインナップ

長年の経験から生み出された興和光学の豊富なレンズラインナップには、様々な使用状況に適合します。カメラとの組み合わせで色々な撮影状況に対応しています。

豊富なレンズラインナップ
カラー・モノクロに加え防水までカバーカラー・モノクロに加え防水までカバー

カラー・モノクロに加え防水までカバー

高解像度の目がピクセルカメラや、1.3MPカメラ、1.3MP防水カメラにはカラーモデルとモノクロモデルをご用意。設置場所やコストに合わせて様々なご提案が可能です。
※SC40SK1はモノクロモデルのみ

カラー・モノクロに加え防水までカバーカラー・モノクロに加え防水までカバー

お問い合わせ

御社名必須 部署名必須
部署名必須
氏名必須
ふりがな
せい めい
住所
郵便番号
都道府県必須 市区町村・番地
建物名など
電話番号必須※半角数字でご入力ください FAX番号※半角数字でご入力ください
FAX番号※半角数字でご入力ください
メールアドレス必須※半角英数字でご入力ください メールアドレス(確認用)必須※半角英数字でご入力ください
メールアドレス(確認用)必須※半角英数字でご入力ください
お問い合わせ内容必須
① お問い合わせご希望の製品についてチェックしてください。
(複数回答可)
② お問い合わせ内容についてチェックしてください。
③ 補足事項等ありましたらご記入ください。

コーワシックスI(1968年発売)

6cm×6cm判レンズシャッター一眼レフコーワシックスI(1968年発売)

プロフェッショナル向けに開発された6cm×6cm判レンズシャッター一眼レフの初号機。コーワの最高峰シリーズである。既に1966年にドイツで隔年開催される世界最大の写真・映像見本市 フォトキナに参考出品し業界筋の大きな注目を集めていたが、1968年4月の発売と共に一挙に市場の人気をさらった機種である。標準レンズはスピゴットマウントの85㎜ F2.8(4群5枚)、交換レンズは当初は55㎜ F3.5(7群8枚)と150㎜ F3.5(4群5枚)の2種が用意されていたが、後に魚眼から望遠まで合計9種にまで拡充された。交換レンズとアクセサリーの豊富さが評価された。
このシリーズはコーワシックスMM(1972年)、コーワシックスII(1973年)と機能向上を続けていき、1974年発売のコーワスーパー66が最終モデルとなった。

コーワUW190(1972年)

35㎜レンズシャッター一眼レフコーワUW190(1972年)

コーワフレックスのボディー仕様を改良した八角形のSER系モデルに、超広角19㎜ F4を搭載したモデル。全体がブラックに統一された、コーワ35㎜判レンズシャッター一眼レフの最後を飾ったカメラである。

業務用映像機器 販売本格化(2001年)

業務用映像機器 販売本格化業務用映像機器 販売本格化(2001年)

1959年より放送機器の製造販売を行ってきたが、この放送機器のシステムを構築する上で各種信号変換のユニットやスイッチャー等を開発しており、自社ブランド『I-MASTER』として業務量映像機器の製造販売を本格的に開始した。

カロフレックスI(1954年発売)

6cm×6cm判二眼レフカロフレックスI(1954年発売)

興和光機が発売した最初のカメラ。
セルフコッキングのセミオートマットの二眼レフ。
開発に5年の歳月が費やされ、24×32㎜サイズ、いわゆるニホン判の35㎜カメラであった。「カロ」とは、ギリシャ語で「優美」の意である。
軽合金ダイカストボディーで、自社製プロミナー75㎜ F3.5レンズを搭載。
フィルム巻き上げクランクと繰り出しノブはボディー右側にまとめられていた。
翌1955年にはリファイン版のカロフレックスK2が発売された。

カロ35E(1958年発売)

48mmレンズシャッターカメラカロ35E(1958年発売)

カロワイドのボディーに45mmF3.5のレンズを付けて輸出していたセンチュリー35や、インペリアル35を国内向けにしたもので、レンズを48mm F2.8に換えて発売された。

カロベックス(1959年発売)

6cm×6cm版二眼レフカロベックス(1959年発売)

基本的には6×6cm版のスタートマーク式自動巻き止めの二眼レフだが、4種類のマスクをフィルムゲートにはめ込むと、4.5×6cmセミ版、4×4cm(スーパースライド)、28×40mm(バンダム版)、24×36mmの5サイズが120フィルムの自動巻き止めで使い分けられた。

ラメラ(1959年)

その他ラメラ(1959年)

16㎜判カメラとラジオの一体型機種。プロミナー23㎜ F3.5レンズを搭載、シャッタースピードはB・1/50・1/100・1/200秒。カメラとしての機能は最低限にとどまっていた。9Vの6P電池で作動した。メーカーとしての遊び心で開発された製品である。

コーワフレックス(1960年発売)

35mmレンズシャッター一眼レフコーワフレックス(1960年発売)

35㎜判レンズシャッター一眼レフ機として以後十数年にわたり販売されたコーワフレックスシリーズの初号機である。プロミナー50㎜ F2レンズを採用。
翌1961年にはセレンメーター、クイックリターン式のSLVシャッターを搭載し、機能性が改善されたコーワフレックスEが発売された。

コーワキッド(1960年発売)

初心者用カメラコーワキッド(1960年発売)

少し重いボディーを持つ初心者用カメラで、レンズは70mm F11の固定焦点でシャッターは2スピード、ベスト全判とマスクを入れることで4×4cm判の撮影が可能。

コーワフレックスE(1961年発売)

35mmレンズシャッター一眼レフコーワフレックスE(1961年発売)

前型のコーワフレックスより大幅に改良されている。セレンメーターが入り、ファインダー右側の定点に指針を合わせるようになっている。ファインダー中央にスプリットイメージが入って、焦点合わせがやりやすい。
シャッターがクリックリターン式のセイコーSLVで、ファインダーがブラックアウトから解放された。ヘリコイドリングもレンズの前方部に移り、全ての点で操作性が向上している。

コーワH(1963年発売)

35㎜レンズシャッター一眼レフコーワH(1963年発売)

国産初のプログラムEEシャッターを搭載した一眼レフカメラである。露出計はセレン式である。焦点調節は前玉回転式。フィルムの巻き上げ方法やファインダーの機構などが他のコーワ一眼レフカメラと異なる非常に特徴的なカメラであった。

コーワSW(1964年)

35㎜レンズシャッターカメラコーワSW(1964年)

4群6枚構成の28㎜ F3.2のレンズを搭載した広角レンズカメラ。SWは「スーパーワイド」の略である。コーワの光学技術を世にアピールする特徴的な一台であった。

Coming Soon

SC500SK1

SC500SK1高解像度CマウントカメラSC500SK1(モノクロ)
SC500SK1C(カラー)

センサ:SONY IMX264 CMOS
グローバルシャッター
推奨レンズ:JC5MCシリーズ
      JC5M2シリーズ
      JC10Mシリーズ

SC500SK1(モノクロ)/SC500SK1C(カラー)
撮像デバイス SONY社製 2/3型 CMOSイメージセンサ
白黒:IMX264LLR-C
カラー:IMX264LQR-C(カラーベイヤー構造)
センサ画素数 約501万画素
2448(H)×2048(V)
カラー SC500SK1(モノクロ)   
SC500SK1C(カラー)
画素サイズ 3.45μm(H)×3.45μm(V)
シャッター機能 グローバルシャッター
シャッター
スピード
14~200,000[us] 1us単位で設定可能
インター
フェイス
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1(3.3V出力 100kHz PWM制御 最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープンコネクタ)×3
  (外部機器接続検出機能付き 最大100mA<瞬時を含む>)
 GND×1
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1
 (3.3V出力 100kHz
 PWM制御
 最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープン
 コネクタ)×3
 (外部機器接続検出機能付 き 最大100mA<瞬時を含 む>)
 GND×1
レンズマウント Cマウント
動作温度/湿度 0℃~+45℃ / 20%~80%(結露なき状態)
保存温度 -30℃~+60℃ / 20%~90%(結露なき状態)
外形寸法 29(W)×29(H)×37(D)mm(突起物除く)

Coming Soon

SC130EK2

SC130EK21.3MP CマウントカメラSC130EK2(モノクロ)
SC130EK2C(カラー)

センサ:e2v EV76C560 CMOS
グローバルシャッター
推奨レンズ:JC1MSシリーズ
      JCM-Vシリーズ

SC130EK2(モノクロ)/SC130EK2C(カラー)
撮像デバイス e2v社製 1/1.8インチ CMOSイメージセンサ
白黒:EV76C560ABT-EQV
カラー:EV76C560ACT-EQV
(カラーベイヤー構造)
センサ画素数 約130万画素
1280(H)×1024(V)
カラー SC130EK2(モノクロ)   SC130EK2C(カラー)
画素サイズ 5.3μm(H)×5.3μm(V)
シャッター機能 グローバルシャッター
シャッター
スピード
40-200,000[us] 10us 単位で設定可能
インター
フェイス
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1(3.3V出力 100kHz PWM制御最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープンコネクタ)×3
  (外部機器接続検出機能付き最大100mA<瞬時を含む>)
 GND×1
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1
 (3.3V出力 100kHz
 PWM制御
 最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープン
 コネクタ)×3
 (外部機器接続検出機能付き最大100mA<瞬時を含む>)
 GND×1
レンズマウント Cマウント
動作温度/湿度 0℃~ +45℃/20%~80%(結露なき状態)
保存温度 -30℃~ +60℃/20%~90%(結露なき状態)
外形寸法 29(W)×29(H)×37(D)mm (突起物除く)

Coming Soon

SC40SK1

SC40SK10.4MP SマウントカメラSC40SK1(モノクロ)

センサ:SONY IMX267 CMOS
グローバルシャッター
推奨レンズ:Sマウントシリーズ

SC40SK1(モノクロ)
撮像デバイス SONY社製 1/2.9型 CMOSイメージセンサ
白黒:IMX297LLR-C
センサ画素数 約40万画素
720(H)×544(V)
カラー SC40SK1(モノクロ)
画素サイズ 6.9μm(H)×6.9μm(V)
シャッター機能 グローバルシャッター
シャッター
スピード
15-200,000[us] 1us 単位で設定可能
インター
フェイス
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1(3.3V出力 100kHz PWM制御最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープンコネクタ)×3
  (外部機器接続検出機能付き最大100mA<瞬時を含む>)
 GND×1
BNCコネクタ
6ピンコネクタ
 DC+24V出力×1
 ストロボ制御出力×1
 (3.3V出力 100kHz
 PWM制御
 最大駆動電力4mA)
 GPO(24Vオープン
 コネクタ)×3
 (外部機器接続検出機能付き最大100mA<瞬時を含む>)
 GND×1
レンズマウント Sマウント
動作温度/湿度 0℃~ +45℃/20%~80%(結露なき状態)
保存温度 -30℃~ +60℃/20%~90%(結露なき状態)
外形寸法 29(W)×29(H)×32.8(D)mm (突起物除く)

Coming Soon

SC130EK2W

SC130EK2W1.3MP防水CマウントカメラSC130EK2W(モノクロ)
SC130EK2CW(カラー)

センサ:e2v EV76C560 CMOS
グローバルシャッター
マウント、コネクタ部、ケース構
造でIP67に対応
推奨レンズ:JCM-WPシリーズ

SC130EK2W(モノクロ)/SC130EK2CW(カラー)
撮像デバイス e2v社製 1/1.8インチ CMOSイメージセンサ
白黒:EV76C560ABT-EQV
カラー:EV76C560ACT-EQV
(カラーベイヤー構造)
センサ画素数 約130万画素
1280(H)×1024(V)
カラー SC130EK2W(モノクロ)   SC130EK2CW(カラー)
画素サイズ 5.3μm(H)×5.3μm(V)
シャッター機能 グローバルシャッター
シャッター
スピード
40-200,000[us] 10us 単位で設定可能
インター
フェイス
BNCコネクタ
レンズマウント Cマウント(当社製防水レンズに適合)
動作温度/湿度 0℃~ +45℃
保存温度 -30℃~ +60℃/20%~90%(結露なき状態)
外形寸法 37(W)×32.5(H)×41.5(D)mm (突起物除く)